朝が怖い。

朝が好き。

遠い昔からおはよう。

​今日を踊ろう。

milk-1-2.jpg
8D0545C8-2DDC-46E2-A9F6-144FBE146FC4 2.jpg

asamicro

アサミクロ

artist  / dancer / egglife主宰

1986年生まれ。

​神奈川県横須賀市の漁業町、漁師の孫として自然豊かな町で育つ。小学1年生より9年間不登校・引きこもりになるも、オリジナルのラジオや台本などを作る日々を過ごし軽トラの荷台を舞台に踊り始める。

 

10〜20代はストリートダンスを軸にバトルやダンス大会の日々を過ごす。現在は「朝ごはん・朝」を切り口に食材や色彩がもたらす穏やかなビジュアルや音色とストリートダンスで培ったアイソレーションやフィジカルを強みに、中毒性のあるキレや動きを特徴とし、ふたつが相まって狂気的な強さと優しいダンスで展開する作品を発表。「誰にでも訪れる朝に誇らしさを持つこと」をコンセプトに美術家や写真家、ミュージシャンなどと場所や季節に添いながら制作活動を行なっている。

 

また教育関係者への講演会や月一回フリースクールでは子どもたちや保護者に(心や脳の隙間作り)を目的にダンスを教えている。【何事にも当事者の治癒力は周囲の大人・環境が安定することで確実に発揮される】を変わらぬ軸として芸術・踊る事の意義を信じ、暮らしを価値として制作している。

​ーーーーーーーーーーーーーーー

振付を踊ってもらう仲間として随時ダンスサークルのような居場所 egg life を立ち上げ月一回練習会を行いイベントや映像作品などを制作している。詳細は

egglife ページへ。

​撮影:前谷開

​ご来場ありがとうございました!!

_DSC2481.JPG

踊りと歌とちょっと考える公演

「ぼく、だから行かないよ」

無事に終了いたしました!本当にありがとうございました!
公演の様子や写真は特設ページにて期間限定でアップしておりますので是非ご覧くださいませ。

ぼくいか特設ページ

 

撮影:丹野雄二

241717241_402381184591940_8465305030307450221_n.jpg

Macau CDE springboard
programA 参加!


 

Macau CDE(Contemporary Dance Exchange)Springboard

にプログラムAとして参加させて頂きます。

動画配信日程:9月12日(日)15:00〜9月19日(日)23:55

プラットフォーム:YouTube

チケット価格:MOP50(日本円で約686円ほど)

8日間の上演期間となります。

みなさま是非ご覧いただけましたら嬉しいです!よろしくお願い致します!

公式サイト こちら

​チケット申込 こちら

IMG_0488.JPG

9月5日(日)自主公演
「ぼく、だから行かないよ」開催決定!チケット販売中!

本公演は終了しました!!

ーーー

夏休みが終わる。
ぼくは決断しなくちゃならないんだ。
心は決まっているよ。

ごめん、母ちゃん、父ちゃん。
だって、こんなにもやることがあるんだ。
「ぼく、だから行かないよ」


 

元不登校ダンサーが創り出す、
可愛くて少しダークな考えるダンス作品。

シンガーソングライターとテキスタイルデザイナーと
カメラマンとダンサーと
いろんな生き方をしている大人たちが集まって
夏休み明けの気持ちを見つめてみるよ。

母ちゃん、父ちゃん、じいちゃん、ばあちゃん、学校の先生。
ぼくの気持ちを観にきてね。
きっと思っているよりも愉快だと思うんだ。

ーーー

日時:
2021年9月5日(日)
1部 12:00/2部 16:00
※公演時間 約60分

会場:
NPO法人 鎌倉あそび基地 フリースクール“Largo/ふかふか”

鎌倉市常盤145 
深沢小学校 徒歩1分
モノレール「湘南藤沢駅」徒歩5分
バス停「深沢小学校」徒歩2分

Facebookページ

0520_B09_asamicro02.jpg

優秀賞/First Prize(solo)

B9 asamicro『egg life』

■Macau CDE(Contemporary Dance Exchange) Springboard 9月

 B9 asamicro “egg life”

0520_B09_asamicro01.jpg

以下、評価頂いた分略抜粋しています。

​ーーーーーーーーーーーーーーーーー

踊る空間がなかった振付師の作品は序盤から熱かった。

中でも昔から朝ごはんの写真を撮って載せるというasamicroの<egg life>は、なぜこんな人を知らなかったのかと思うほどだった。

卵白を象徴するかのように円形の白いカーペットを敷いた彼女が黄身のように客席を向いてうずくまったまま始める。よく見れば、他の人も使う舞踊テクニックだが、すべての動きが身体部位を細かく刻み、まるで素早く写真カットを回すように感じられ、他の動きに移る時はどこかの部位から反動を受ける。軽快で速いが、柔軟過ぎて最初は何が特別なのか、すぐにキャッチできなかった。しかし、白身の外に出て大きく動く後半からストリートダンサーだった経歴が影響を及ぼしたことに気づく。

既成の舞踊テクニックにストリートダンス動作ではなく、その原理を入れて自分だけの技法で消化したという点が強みだった。