朝が怖い。

朝が好き。

遠い昔からおはよう。

​今日を踊ろう。

IMG_1803.JPG

   新作パフォーマンス 

 12月18日YPAM公演「わたしたちの」

​チケット購入はこちらクリック 

asamicro

アサミクロ

ダンサー/振付家

1986 年神奈川県横須賀市生まれ。

幼少期からストリートダンスを学ぶ。

創作テーマは「愛と平和と平等性に問いを持つ」

これらはasamicroの幼少期の9年間の不登校経験から家族・生活環境・社会との関わり方に対し、常に壁を感じてきたこと、また社会復帰におけるプロセスで体内時計を整える際に朝食や朝時間が重要であったことから「朝ごはん」や「朝時間」を創作のモチーフとして取り入れながら言葉にできない思いを身体を通して表現をしている。

 

また、学んできたHIPHOPダンスの基本姿勢や歴史に自身のルーツに誇りを持ち差別のない世界への訴えとし【愛と平和と平等性】があり、これらはasamicroの生き方や姿勢とリンクし芸術作品として新しいMy HIPHOPスタイルを探求し日々を踊っている。

 

近年では朝食を通してその時間や空間から生まれる人との関わり方やそれぞれの土地の歴史や風景をリサーチし、様々な分野の作り手と共に心の豊かさの問いを作品を通して創り出すことに挑んでる。

趣味は自家製のジャムと小豆あんを作ること。

8D0545C8-2DDC-46E2-A9F6-144FBE146FC4 2.jpg
963A8086_2936_.jpg

【経歴】

2022年

石井漠、土方巽国際記念フェスティバル「踊る。秋田」ファイナリスト

豊岡演劇祭2022フリンジShowcase参加

STスポット【ラボ20#23】採択(2023/2/2-5上演予定)

神楽坂セッションハウスDZONE企画 単独公演「Drowning in Breakfast」

SAI DANCE FESTIVAL 2022 Exhibition公演出演

2021年

PARADAISE AIR short stay program “QOL” in MATSUDO にてレジデンス参加

アーツカウンシルしずおか マイクロアートワーケーション採択

Macau CDE(Contemporary Dance Exchange)Springboard 招喚 (海外招待作品「egglife」)

SAI Dnace Festival2021 solo First price 受賞

NPO 法人 鎌倉あそび基地フリースクールLargo 踊りと歌の公演開催

石井漠、土方巽国際記念フェスティバル「踊る。秋田」ファイナリスト

横浜市文化芸術公演支援事業 踊りと歌と教育の公演「NATTO」上演

六本木アートナイトスピンオフプロジェクト映像作品「珈琲跳」採択

Bank ART AIR2021 WINTER OPEN STUDIO /R16STUDIO 参加

asamicro(egglife) 自主公演「白く、壊れて、生まれる」上演/ ST スポット

2019年

SICF「朝ごはん」上演/スパイラル

2018年

DANCEDANCEDANCE @YOKOHAMA「 朝ごはん」( 助成 : 横浜アーツフェスティバル実行委員会)

​※20代からの約10年間はダンススタジオ運営兼講師として100名以上の子どもたちと携わり2018年よりストリートシーンでの活動から現在へ

​撮影:前谷開
buro-1_edited.png
から.png

■踊る。秋田ファイナリスト 

2022/12/1-2 公演 

​[egg life]上演します。

buro-1_edited.png
から.png

■ラボ20#23 ソロ作品 

2023/2 公演 at STスポット横浜

​キュレーター岩渕貞太さん