LINEニュースの実績報告いただきました。

November 15, 2019

※上記写真をクリックするとLINEニュースご覧なれます。

 

今朝、神奈川新聞社の高橋様よりご連絡頂きました。
以前取り上げてくださった、LINEニュース、神奈川新聞の記事の実績報告があったようです。

今回、とてもありがたいことに14万人の方が読んでくださったようで、、、そして読了率も高かったようです泣
LINE社様から

 

「ここまではっきり色が出てくるのは珍しい。このニュースを必要としている方々に着実に刺さっている。14万人だけでなくその外側にも影響を与えているはず」

 

と分析をいただいたようです。
…そうであってほしい。

 

 

とはいえ、私は日々、家賃と光熱費と自分が食べて行くのに精一杯だ。もう時期キラキラの季節でお洋服やメイクや遊び、いやいやレッスン着だって買うのが苦しい。制作すればするほどまだ投資になっている現実。正直なんで好き好んで活動し続けてしまうのかと、遊ぶ分だけ稼いで、生活した方がもっとシンプルに楽しいのに。

 

でも!でもです!
私は諦めてないんです、生きてく過程全ての質を。生活を学ぶことを恋人を家族を。
なるべくいい物を見て、少しの工夫で安い食材で大切に買った食器に盛り付けしたり、一輪だけ花買って部屋に置いたり、前からお金を貯めて舞台を観に行ったり、ここは外してはいけないと言う付き合いに前借りしたり。「〇〇だから何かを犠牲に」と言う考え方は好きではないです。それ言っちゃったらもうそこで終わるから。
それでもどうにもならない時は苦手な算数をします。こういう現象に対してどこなら自分でたし算ができるか。


弱気になったら周囲の強い女に言ってもらいます

「焦らない、比べない、自分を信じてあげる」

まだまだ力不足で、一人では限界があります。私はもっと色んな人に観てもらいたくて身体で話がしたい。
どうか、周囲の皆さん知恵をください。そして踊らせてください。

 

今回のこの記事はそんな想いが一つ叶った瞬間でした。
ある人から

「どんなコネで書いてもらったの?」

と聞かれました。
私は自身の経験を地元の小さなサポートセンターの一角で10名ちょっとの前で話して踊りました。

本当に心を込めて。
その中にたまたま記者の高橋さんがいらっしゃいました。

 

どんな場所でも大きくても、小さくても、大切に表現をすべきだと思う場所で一生懸命にやっていたら少しづつ自分の想いは広がるとまた少し感じれました。
どこでもなんでもするわけじゃない、選びます。

でもどこでもなんでもします、そこに誠実さがあるならば。逆をいえば常にそうできる学びをしていたい。

 

もし、周囲に不登校や、引きこもりで悩んでいる人がいたら、、、この記事が寄り添えたら幸せです。
そしてまたチャンスを私自身探してゆきたい。

皆さん生活の過程でまたよろしくお願いします。

 

asamicro

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

September 20, 2019

September 9, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索