メリークリスマスと黒柳徹子さんと。

December 25, 2017

 

メリークリスマス。

今日は平日だけれどクリスマス。

皆さんはどんな日ですか?

どんな日になりたいですか?

 

 

私は言葉が好きだし、ついつい多くなってしまう。

facebook機能に昨年は、一昨年はこんな投稿をしていました。

というものがあり、少し覗いてみると笑ってしまう。過去の自分に。

 

“クリスマスは、今あるものに感謝する日ですね”

と同じようなことを言っていた。

けれど、確実になんだかわからない得体の知れないものを欲しているような気がしましたw

 

。。。少し話を変えて、12/10に行った自主公演「ポートレイト」の一部は、あるセリフから始めることにしました。

 

“一生のお願いです!死ぬまでに何か買ってって言いません”

“私にあのヒヨコを買ってください!”

 

これは窓際のトットちゃんの本から抜粋したもの。

黒柳徹子さんがご両親に懸命に交渉した時です。

 

全体を通してお客様から色々と質問をしていただいたし、意味がわからない部分もたくさんあると思います。印象としては少しディープな空気感で影を落とすようなものですが、コンセプトやメッセージ性としては私の中ではかなり明るい前向きな作品なんです。

 

「欲しい」って素直に伝えることが下手な人が多い気がします。それは私も含め。

“我慢=成長” “忖度” とはまた違う意味で、自分に諦めるというか、自信の無さや目を悪くしている気がします。

 

何かを求める時にずーっと80%の妥協点で過ごしていると、

ずーっと満たされないと思うのです。

時に妥協は大切です、どこかで120%になるかも知れないし、20%の余白によって気づくことだって生まれると思います。けれど、ずっとはダメです、

「私はこれくらいで」

なんてダメだと思います。100%を要求するってとても勇気がいるワガママだったりもしますがね、ちゃんと受け止められるんです。

 

トットちゃんは懇願の思いでご両親に交渉し、ヒヨコを買ってもらい、

ちゃんと喜んで、ちゃんと悲しくて、ちゃんとお別れしました。たった数日間の出来事です。

私はこの人はちゃんと次の欲しいものや見たいものが見つめられるなあと尊敬します。

 

…話を戻して、

昨年、一昨年のクリスマスは私はずっと80%のつもりで言葉を発していた気がします。

発するというよりも説得ですね。

“我慢=成長”“忖度”といったお化粧をつけて。

 

 

 

今年は嬉しいことに少し違います。

この一年、余計なことや、今の自分にとって必要ではない感情や出来事に対して1月からコツコツと60、50、40、30…と感度を下げました。

そして逆に、大切なものや事、人へ対してできるだけお化粧はせずに少し勇気やワガママを持って訴えてきました。

だから今、私の手の中にあるものや事柄、人は

 

ちゃんと欲しかったものです。

ちゃんと嬉しいです。

 

ちゃんと満たされている気がします。

だからね、ちゃんと今日というクリスマスは

“今あるものに感謝”したいなと思っています。

 

来年は何かを得ていくことも大切だけど、しっかりとこの事柄や得たことに対して厚みを出せる人でありたいです。

 

きっとその先に私の

「一生のお願いです!」フレーズが生まれる気がします。

ちなみに、一生のお願いはね、何度だってしていいのだよw

それがちゃんと受け止められるならば。

 

 

 

 

●音楽と珈琲の話●

 

カプチーノがとても好きです。

理由は椎名林檎さんの曲でともさかりえさんの歌う「カプチーノ」という曲が小学生からずっと好きだったから。今でも。

この日は珈琲が飲みたかった。

“ミルクの白に茶色が負けている”(♩)

そんな気持ちになれるから。

 

妄想することは楽しいし素敵なことでもあるけれど、

私は想像したい。創造したい。

 

asamicro

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

September 20, 2019

September 9, 2019

Please reload

アーカイブ